トゥルースリーパー コンフォート(低反発布団)について

トゥルースリーパーについて|2012年5月12日

「トゥルースリーパーと言えば、低反発マットレス 」…というイメージが強いと思うのですが、「トゥルースリーパーの種類について」で、ご紹介したようにマットレスだけではなく低反発の敷布団も選べるようになっています。

では、低反発マットレスの「トゥルースリーパー プレミアム」と、低反発布団の「トゥルースリーパー コンフォート」とでは、いったいどこが違うのか?
ご説明していきたいと思います。

コンフォート(布団)と、プレミアム(マットレス)の違いは?

違い1:底あたりを防ぐ2層式

コンフォートには床にそのまま敷いても「底あたり」しないという特徴があり、敷布団の代わりとしてつかうこと。柔らかく体圧分散性に優れた低反発素材と、固めのウレタンフォームの2層構造になっているためです。その分、プレミアムよりも2センチほど厚くなっています。

違い2:折りたためるので、収納が楽!

コンフォートは、3つに折り畳むことができるので、収納面で便利ですね。普通の折り畳み式マットレスと同じような感じで収納できます。

違い3:価格

コンフォートは、プレミアムよりも少し厚い分、価格もちょっと高くなります。
価格はシングルですと、コンフォートが24,800円、プレミアムが22,800円となっています。

トゥルースリーパー コンフォートとプレミアム、どっちがいいの?

ベッドや、今使っている布団の上に直接しいて使う人はプレミアムのほうがリーズナブルで良いですね。
ですがプレミアムの場合、床に直接敷いて使うと、「底あたり」してしまうので、敷布団のように床に直接敷いて使いたい人にはコンフォートがおススメです。

それぞれ、今使っている寝具や部屋によって選ぶといいと思いますよ。
ちなみに私は「プレミアム」を愛用しています。

コンフォートの場合は、敷布団もベッドも必要なく、折り畳みもできるので、収納なども非常に楽ですね。
引っ越しや、お部屋の模様替えなどで、敷布団やベッドの処分を検討している方は、この機会に敷布団をトゥルースリーパーコンフォートだけにしてしまうのもいいと思います。
新しく寝具をすべてそろえることを考えると、結局そのほうが安くつく場合もありますしね。
一人暮らしの方などにもお勧めです。

コンフォートもプレミアムと同じく、60日間返品保証ですので寝心地を確かめてみるのもいいと思いますよ。

»

トゥルースリーパーを使ってみました!

トゥルースリーパーが届きました!

トゥルースリーパーが届きました!

ペッちゃんこ

最初はペッちゃんこです。

弾力

程よい弾力が気持ちいい♪

≫ レビューを詳しく見る